興信所は愛を信じない

「ロートシルトRh-」について。

 

当時のメモ

全体、時の経過とは不可逆の表徴に他ならず、私と私の世界とに許された時間は絶対的に漸減している、すなわち、「時は出血する」のであり、「今は痛む」のである。

果たして我々は失いつづける存在なのであって、その喪失した時間、すなわち絶対的に断絶された過去はそれゆえに、我々のなかで至上に高められることとなった。しかるに、ここで何より悲しいことは、それほどまでに大切と思えるもの(キレイなもの)を失った(再到達不能となった)ことに、ともすれば気づくことがないということである。それは、その時点ゝゝ(イマという一瞬)において自ら感覚を閉じた(≒死んでしまいたいと願った)からか、あるいはなおも未来が無限であると信じられたからに違いない。

ここに、この秘密裏の喪失を改めて万人に気づかせてくれるものは、やはり血の赤なのだと思われる。生きているという実感、そして生きたいと願う衝動、望んでもかなわない現実とその未来につき「あきらめることをあきらめる」、そういった直感、直覚、痛み、すなわち覚悟を与える、自分にとって何よりも近しく、何よりもあざやかな赤である。

自由を志向した自分をあざむき、果たして「自由に殺される」ようす、本当の純粋は汚れてから気づくということ、ある真実を獲得したと同時に喪失するものがあるということ、過去とは人格であり、しかるにいまここには何もなく、そして未来とは残酷なまでの現状認識、すなわち覚悟に導かれるということ……本当に大切なものは、いつも自分の手のなかにある。

|

戦線の名前を決める戦線

「風に舞ふ葉の如く」について。
(一ヶ所、英語の間違い ×empower ○encourage)

 

【 風に舞ふ葉の如く~theme of KAZAHA~ 】 作編曲:来兎 歌:綾菓

おもしろきこともなき世を おもしろく
すみなす心に 調べも新

時代をかこつ 維新の風に
しかときいたさ 猫の耳

風花雪月 桜花紅葉
風にしのぶる やまと言の葉

披露相仕ります 風葉に御座りまする


風葉 さながら 風に舞ふ葉の如く
風葉 随神 あざやかにみゆ花ざくら

はかなき世にも似たるか 夢か現か幻か
汀に咲けるさくらの ひらりひらり
散りゆく もののあはれ

こころざし進む一人ひとりの 旅の弥終に
思はるるあの日 出会ひ別れた
二人うつし身の 一期一会

風葉 さながら 風に舞ふ葉の如く
風葉 夜もすがら 月を伏見の草枕


卵が先か鶏が先か 何れも先に無御座候
固より天の与うる処 雛が先に有之候

今日も今日とて 思ひ嘆くも
明日は明日の 風が吹く


あかなくに又もこの世は 千代に八千代に万世に
くり返す皆人いかに 別れわかれ
ふりゆく もののあはれ

花さそふ風は吹きてふきすぎ つひにゆく道を
まがふがに隠し 曇りくもらす
こひし風花の うすくれなゐ

風葉 さながら 風に舞ふ葉の如く
風葉 随神 あざやかにみゆ花ざくら


本日は御日柄も良く、打って付けの風葉日和と相成りまして、
御客様に於(お)かれましては御来場の儀、風葉一同誠に感謝して居(お)ります。

紳士淑女の皆々様、どうぞ最後まで御(ご)緩(ゆる)りと御楽しみ下さい。

 

※現代語訳

風葉、それはまるで風に舞う葉のごとくである、風葉、神のおぼしめしのままに、かくのごとくあざやかにみえる桜の花、またその花びらが風に舞うさまである。

そのようすは、はかない世の中にも似ているだろうか、夢かうつつか、幻のようにも思える、水際に咲いた桜の、ひらりひらりと散りゆくさまには、秀でた情緒があるものだ。

何かを志して進む、一人ひとりの旅の最後において、水面に自身を映ずるうちに思い出されることには、あの日に出会い、そして別れた、魂の形状が自らに生き写しである人、その存在との出会い、かかる一期一会の記憶である。

風葉、それはまるで風に舞う葉のごとくである、風葉、こうして伏せながら、一晩じゅう月をみている旅の終着、あるいは旅のさなかである。


飽きもせずに、またもこの世は永い月日を重ね、かつ、流転をくり返している、知己、またあらゆる人々は、いまどこにいるのだろう、別れわかれになって、おのがじし老いてゆく、この哀嘆の情感である。

さくらの花びらを散らせるこの風は、どこからともなく吹いてきて、この身を過ぎ去り、そしてゆく道を、迷ってしまうほどに隠し、曇らせている、それはまさしく死出の道であり、人が終(つい)において歩むであろう道である、かかる花びらには強く心ひかれるものがあり、また趣深く、薄いくれないの色をみせている。

風葉、それはまるで風に舞う葉のごとくである、風葉、神のおぼしめしのままに、かくのごとくあざやかにみえる桜の花、またその花びらが風に舞うさまである。

|

「いただきマンモス」「ごちそうサマンサ」

「対象a」について、全体的な話。

作詞の細部について、技術的な話。

 

なぜ罪があるのか、それは欲望をあきらめたからだ。なぜ罰があるのか、それは欲望に限りがないからだ。欲望とは何か、(ラカンいわく)それは他人の欲望だ。では他人の欲望とは何か、それはどこまでも空虚であり、しかるに何か(対象a)を志向する純粋な媒体、構造、その輪郭、骨の尖である。

欲望を欲望すること、すなわち鏡に映る自己を愛すること、世界を愛するということは自分を愛するということである。ゆえに愛する他者は愛する自己である、ここに自己は生きたいと願い、あるいは死にたいと願うこととなる。

なぜ生きたいと願うのか、(真に)欲しいものがあるからだ。なぜ死にたいと願うのか、それを手に入れたからだ、いや違う、それはついにふれられないものであり、かつ、「いつまでも終わらないもの」であるからして、それを手に入れるためには、「それと一体となる必要がある」からだ。

原作における対象パートは梨花を主体として展開するが、果たしてそのありさまは、求めてかなわない欲望の流転である。「変われば変わるほど変わらない世界」、そもその始まりから決定的なまでに失われているもの、かかる不存在の存在、すなわちこれを悲劇という。

ときに、まなざしとは何か。それはたんなる視線でなく、みられているであろう自意識のうちに存在する「何か」である。自己をある行為(禁忌)へとかりたて、かつ、その行為と社会的規範との整合性を省みるその自意識のはたらき、これを名づけて懐疑という。

懐疑は自己を疲弊させ、恐怖を与える、自己から自由を奪い、身動きをとれなくさせる。しかしながら当該の主体は、かかる懐疑の束縛を積極的に解放し、真理(対象a)と一体となるべく試行する。ここに私は、懐疑の果ての陶酔(快楽、骨の尖、あざやかにみえて)、あるいは到達不可能性の瞥見(べっけん)からくる虚脱(無限につづく闇、すぐに消える)をみるのである。

|

「私はレズなのだ」

「メメント・モリ」について。

 

旧(ふ)るごとに、人間の直感は例外なく磨耗するが、それを取り戻すことは、果たしてかなわない。とりわけ、その直感が自己同一性に係る純粋に直結していた場合において、その欠損の責を環境に帰属させた者は、相当に不安定となる。

純粋をこそ骨子とするその者にとっては、世界もまた純粋でなくてはならないのに、しかし現実はそうでないから、その者はその純粋により、自己の抹消を志向する。いわゆるニヒリズムの一形態であり、これもまた、自己と世界とのかかわりである。

――果たしてこの概観を表現せしめるにあたり、血の赤を用いるか、あるいは雪の白を用いるかという点において、両者の間には叙情的だがしかし致命的な、切磋と選択とが介在した。内実、前者に則して書いた曲も存在し、それを含めても、この曲は一昼夜で書き上がっている。

かくて、私は後者に依ることとなるのだが、それは私が新潟の生まれであることに無関係でない。空より来るそれは、純粋結晶であるからして、その色彩はすなわち真白(ましろ)、しかるに人の手がふれたそのとき、あるいは何らかの圧が加わったそのとき、果たしてそれはなお純白であるのかという問い、その情感は、雪国に住まう者にとっては、きわめて根源的、かつ卑近なものである。

あまねく白とは純粋の代名詞であるが、その切迫の度合いは人により異なるだろう。しかし私にとってその色は、この精神に直結する原始風景のそれなのであり、この人格を形成せしめる無二の礎石に他ならない。

|

那須御用邸

「プリマ・ドンナに花束を」について。

 

僕=自己、君=世界、かつ、
僕=世界、君=自己。

世界の変革とは、自己の変革にすなわち同義、
もって、自己と世界とのかかわりである。

 

――果たして、現実における最大の幸ないし不幸とは、それがあること、またはないことに「気づくこと」である。

ひるがえって、気づかずにいられたなら幸せだったのにと悔いる自分も、どうして今まで気づかなかったのかと恥じる自分も、気づかぬままに万能の感覚を享受していたおろかしい自分も、気づいたがゆえに何をか喪失してしまった悲しい自分も、その当人にとっては、すべて等しく尊いものなのである。

子曰く、「学んで思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)く、思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し」(論語)と、しかして私はこの曲を、矮小な自己をして絶大な世界とのかかわりを覚悟せしめ、かつ不器用ながらも厳粛な一歩を、貧小ながらも重大な一歩を踏み出さしめる物語にすると決めた。

かかるゆえん、この曲の副題はまさしく「まごころを君に」なのであるからして、世界の変革のために自己のそれを志向した自分を、あるいは恐怖と激痛とがともなう中で無意識のままにその一歩を踏み出した自分を、果たして否定も肯定もせず、ただ一心に認容し、その正しさを懸命に祈るようすを、私は書きとどめようと試みた。

内実、歌詞にある「たったひとり君のために 僕は特別なものになる」ありさまは、およそ当人が頼れる事象こそ絶無である現実において、唯一無二、心(しん)の鼓動を同じうする一対に係る相手方、すなわち自分自身を敬愛し、重んじようとする態度である。

つまり、このままならない現実において真に肝要なる概念とは、任意の現実に対し、無知な自己であれ、これを能動的に適用した場合における「劇的なまでの不器用さ」なのであり、果たしてそこから得られるであろう、当人の「気づき」なのである。

いったい、それが幸であるか不幸であるかは、まったくみるべきところでない、なかんずく我々が刮目すべきは、「そして世界が進んでいること」に他ならないのだ。

|

ハーゲンダッシュ

「あさやけぼーだーらいん」について。

 

十代の頃における、空も飛べるとさえ思えたあの万能の感覚と、
永遠とさえ感じられたあの時間の停滞とは、いったい何だったのだろう。

私たちは、しかしそれをいつの間にか失ってしまう、
果たしてそれはいかなる時点だったか、その境界とはどのようなものだったか。

けれどその解は与えられず、また導くこともかなわない、
ただ喪失の事実、すなわち「痛む今」があるのみである。

そして、かつての自分はその万能の直感をもって、
やがて訪れる喪失の確実性をすら、予感していたに違いない。

すると、過去がただまぶしく、この上なく尊いものに感じられるようになる、
その境界のようす、たとえば朝焼けの色あいをみるときにおいてそうである。

自己とは過去でできていて、世界とはまったき現在であるゆえん、
もってその相克がこそ、自己と世界とのかかわりである。

|

「いけませんお嬢様!」

設定背景、ジャケット記載文、歌詞、右の定義とポストモダンについて。
(採点を忘れていたが、曲先の古文調及第点なので、85点くらい)

 

【 湯宴 】※由縁に掛かる。
  
聞きつや 君が問はせるききつや きみがとはせる
燕は 鳴きていづかたつばめは なきていづかた
みなもに 波ぞたちけるみなもに なみぞたちける
さ夜中 音のさやけささよなか おとのさやけさ
  
花散る 春の宿に霞む山桜はなちる はるのやどにかすむやまざくら
舞ひ落ちる ひらゝゝまひおちる ひらひらひら
  
宴の 音が聞こへるうたげの おとがきこへる
おぼろに 雲はをちかたおぼろに くもはをちかた
夢見の 色ぞゆかしきゆめみの いろぞゆかしき
さ夜中 声のはるけささよなか こえのはるけさ
  
月影 秋の宿に霞む山紅葉つきかげ あきのやどにかすむやまもみじ
舞ひ落ちる ひらゝゝまひおちる ひらひらひら
  
ただよふ 湯の香に酔ひてただよふ ゆのかにゑひて
をかしく 舞ふものありやをかしく まふものありや
ひそかに 昔を問へばひそかに むかしをとへば
こたへぬ 影の縁こたへぬ かげのえにし


■現代語訳

「聞きましたか」と、あなたがお尋ねになる。
その鳴き声の主とおぼしき燕は、そしてどこへ行ってしまったのか。
(湯の)水面には、波が立っている。
この真夜中の時分、辺りはまったく静かで、音がとても澄んでひびく。

花が散る、この春の宿において、山桜が(湯煙に)霞んでみえる。
その山桜の花びらが、ひらひらと舞い落ちるさまである。

どこからともなく、宴の音が聞こえる。
雲はおぼろげで、ずいぶん遠くのほうへ去ってしまった。
先ほどみた夢の中の景色は、ひどく懐かしいものだった。
この真夜中の時分、辺りはまったく静かで、声は遠くかすかに聞こえる。

月の影、この秋の宿において、山紅葉が(湯煙に)霞んでみえる。
その山紅葉の落葉が、ひらひらと舞い落ちるさまである。

辺りにただよう湯の香りに酔ってしまい、
そして趣ぶかく舞うものがあるだろうか(いや、ある)。
こっそりと、その因縁を問いかけたところ、
果たして答えない、それら影の関わり、すなわち人の縁(えん)である。

■注

時のころは四月下旬、あるいは十一月下旬。
夜の宿その寂静(じゃくじょう)、桜が紅葉が散り、
その花びらが落葉が、湯煙にかすみつつ舞い落ちるようす。

燕は渡り鳥で旅人、夢見は過去の情景でふるさとの思い出、
影は月が照らす花びらおよび落葉の影、かつ人で、その由縁に掛かる。

 

■ジャケット記載文

あらゆる時間と空間が、精緻に整えられているからなおのこと、
人々はその歩みをつとに速め、かつ、余暇を求めて忙しい。

かかる速度への欲求が、磁界と電力とにやがて折り合いをつけたとき、
かつて地をはっていたそれは、もう空さえ飛べるようになっていた。

ゆるやかな重力を背に受けながら、私は私を追い越してゆく、
その車体へとまっすぐに届く光線は、定めし私をいざなっていた。

―――懐古の造形窓外に散見致候処、進歩の只中に後退する想念有之候、
街こそ街と覚候間、人尚人に可相成候、而して其進歩後退に終点無之候。

設計者が図面の裏に残したその一文は、果たして誰に宛てられたものか、
それを思い出すとき私はいつも、この都市の原理にとらわれる。

新東京ハイパーウェイ、かつわかれ、かつ交わっためいめいの軌道、
人々は寄り添い、はなれ、すれ違い、誘われるままに回帰する。

■読み

かいこのぞうけい そうがいにさんけんいたしそうろうところ
しんぽのただなかに こうたいするそうねんこれありそうろう
まちこそまちとおぼえそうろうあいだ ひとなおひとにあいなるべくそうろう
しこうして そのしんぽこうたいにしゅうてんこれなくそうろう

■現代語訳

懐かしい造形物を窓の外に散見いたしますところ、
加速しつつある私の体のうちに、あるいは進歩をつづける人類のようすのうちに、
しかし後退、逆行する概念、情念、すなわち温故や回帰の心情があります、
ここに、都市がこそ都市らしくあると私たちは直感するのですから、
そのような中で、人はなおさら人らしくあることでしょう、
加えていうなら、その進歩と後退とのせめぎあい、循環のようすに終点はないのです。

 

■雑談、自由ないしネオリベ等について。

【liberty】 自然権。
「~への自由」←→「~からの自由(freedom)」

【freedom】 法で整備された権利。
「迷惑かけなきゃ何してもいい(愚行権)」←→「その判断能力は十分か(温情主義)」

【ネオリベ】 経済保守(介入あり)、思想自由(公正とは何か)。
大きな政府(リベラル)から小さな政府へ(ネオリベラル)。

【ネオコン】 経済自由(介入なし)、思想保守(伝統に含まれる何か良いもの)。
保守主義+軍事と伝統。市場原理と小さな政府の重視は昔から。

批判される際の小泉、安倍は、ネオリベというよりネオコン(経済自由)に分類。
日本では、軍事重視=ネオコン、市場原理=ネオリベという誤解がある。

|

さとり教育

「samsara」について。

|

何らかの飛翔体

「why, or why not」について 作業背景、誰の視点か。(末尾は電池切れ)
「why, or why not」について 歌詞解説。
「誰そ彼」について。

|

ティエリア「絶望した!!」

Orbital Maneuver →全体について

■geotaxis →1曲目 2曲目 3曲目
1.geotaxis
2.Silver Lining
3.カナタ

■anemotaxis →1曲目 2曲目 3曲目
1.anemotaxis
2.風タチヌ
3.amrita

■phototaxis →1曲目 2曲目 3曲目
1.phototaxis
2.チサト
3.lost blue

|

その他のカテゴリー

作詞について