« 月々たったの三千円で | トップページ | 墾田永年私財法 »

「この中にワシの反物質が」

■(続き)陛下と副主席の会見について、今日のメールから抜粋。

 

遅かれ早かれ、中国は日本に侵略してきますよ。で、そのときアメリカは日本を守らない。アメリカは絶対に中国と戦争をしない。

どのみち日本が属国にならないためには自前で重武装するしかなく、もちろんコストはかかるけど、国民がその必要性に気づいて、覚悟していかないとダメ。自衛軍を持つための改憲手続きとか、重武装化を進めていく政権は、いまの民主じゃなくて、別の新しい政党です。

あと、天皇の政治利用はもちろんダメなんだけど、ローマ法王とかオバマが「世界の危機なので緊急に会いたい」っていえば、やっぱり会うと思うんですよ。逃げられない。

一切合財をひとことでいうと、「中国朝鮮に譲歩やむなし、ただし重武装化させてくれるなら」というのが、自分の考えです。

|

« 月々たったの三千円で | トップページ | 墾田永年私財法 »